一番大きな虹を見た話

もう今から、5年くらい前の話です。あれから随分日が経ちました。カナダに住んでいた時の話です。

2年程、カナダのトロントで住んで、ビザの問題などでもう日本に帰ろうということになったころの話です。

最後に、カナダで何か学ぼうと思っていた時に、ヒプノセラピー、催眠療法を学ぼうと思って、トロントから1時間程の距離にあるところで教えている女性に習いました。

合計10日のプログラムでしたが、なかなか面白い講座で、心理学方面に興味があって習ったのですが、その女性は、スピリチュアル的なことに深く興味を持っていて、そういった話題を常にしていました。

そして、そのクラスがあと1週くらいで終わるというころに、車で、そのクラスに向かっていると、目の前にアーチ状の巨大な虹が現れました。

日本では、見たことがないような巨大なアーチ状の虹で、自分としては、カナダを去って、日本に帰るこのタイミングで見た虹にこれはどういった意味があるのだろうと後で考えたりもしました。

自然にただただ、圧倒された瞬間でした。

カナダに移住して、すぐに子どもが生まれて、日本に帰ってからは、次男も生まれて、常に、慌ただしく、子育てをしながらの毎日を過ごしていますが、あれほどみごとな半円の巨大な虹を後にも先にも見たことがないので、虹をみたり、折にふれて、思い出します!

自然は偉大です。何か意味があったのでしょうかね?!