動画とNLP

NLP(神経言語プログラミング)というものがあります。

心理学や自己啓発に興味を持っている方には、良く知られている心理学、言語学、心理療法です。

今では、セラピーだけでなく、ビジネスやスポーツにも応用されているようです。

そして、そのNLPでは、人には3つのタイプがあるそうです。

そのタイプとは、視覚タイプ、聴覚タイプ、そして、体感覚のタイプだそうです。

それぞれ、視覚、聴覚、体感覚のタイプというのは、その感覚が優位だということです。

そして、動画ですが、以前に書いた動画の要素の中で、動画は映像、音、文字で構成されているということを書きました。

この3つの要素によって、3つのタイプの全部に影響を与えることができます。

視覚タイプは、映像ですので、映像とビジュアルでわかる図などを動画上で示したり、またホワイトボードなどで、書いて説明すると、このタイプには、わかりやすいです。

また、聴覚タイプには、動画で人が言葉で説明したり、その話し方、強調したり、感情を交えて話すことによって、伝わりやすくなります。

そして、体感覚ですが、映像、音、文字では、一見、体感覚に影響を与えれないように感じるかもしれないですが、映像と音、そして、文字を組み合わせるとより体感覚にアプローチすることは可能です。

例えば、CMなどで、男性が汗をかいた後に、炭酸飲料をコップにトクトクと入れて、のどを鳴らしながら、ゴクゴク飲んでいる。そして、スッキリ気分爽快といった文字が出ていると、脳や体が刺激されて、飲みたくなります。

このように、体の感覚でも、映像、音、文字で影響を与えることができます。

ですので、この動画をうまく活用することによって、すべてのタイプを取りこぼすことなく、影響を与えて、メッセージを伝えることもできるのです!

使い方によって、無限の可能性があるのが、動画なのかもしれません!

是非、そういった視点でも動画の活用を考えてみてください!